Skip to Main Content

プレスリリース

AvePoint、Gartner 社の 「データ中心型の監査と保護 (DCAP) 向けマーケット・ガイド」 に 選出

マルチ プラットフォームおよびマルチ デバイスに対応したコラボレーション分野で市場をリードする AvePoint (本社: 米国ニュージャージー州ジャージーシティ) の日本法人 AvePoint Japan 株式会社 (本社: 東京都港区高輪、代表取締役: 塩光献) は、本日 2016 年 1 月 27 日、Gartner 社が発行する、データ中心型の監査と保護 (Data-Centric Audit and Protection, DCAP) 製品を比較検討する 2016 年向け 「マーケット・ガイド」 レポートに、AvePoint の名前が掲載されたことを発表します。同社の 「DCAP マーケット・ガイド」 (2015年12月15日発行) は、急成長する市場の動向を見定め、企業・組織が個々のニーズに応じた製品・サービスを選択するために指標とすることができるレポートです。

Gartner 社の定義によると、DCAP はデータ セキュリティ ポリシーを中央化する能力と、構造化・非構造化・半構造化リポジトリやサイロのデータをすべてコントロールする能力を備えた製品のことを指します。Gartner が発表した 「マーケット・ガイド」 には、各ベンダーの注力するサービス・製品の傾向をマッピングした図が含まれています。AvePoint は、ファイル サーバー、Microsoft SharePoint、Microsoft Office 365 などの複数プラットフォームを対象に、ポリシー、データ分類、データ ディスカバリーを統合的に実現する製品を市場に送り出している企業として、図の中で言及されました。

「AvePoint の製品やソリューションは、機密情報の検知・システム セキュリティの分析・組織全体で使用するコラボレーション システムの重要コントロール指標 (KCI) のチェックなどの目的で、企業・組織のお客様にご活用いただいています」 と、AvePoint で製品ストラテジー部門のヴァイス プレジデントを務める John Hodges は語ります。「AvePoint の名前が 『DCAP マーケット・ガイド』 で言及されたということは、AvePoint の製品がデータ保護とガバナンスに有効な環境をつくり出せることの何よりの証拠といえるでしょう。」

AvePoint の DCAP ソリューションは、以下の機能を備えています。

データ検知・分類: 企業・組織の個々のニーズに応じ、データの検知と分類を実行し、重要情報がどこにあるのかを把握します。

ガバナンスの徹底を簡単に実行: 自動化プロセスの導入により、ユーザー同士が簡単にコラボレーションする環境を整えつつ、企業・組織のポリシーがしっかりと守られる環境を構築します。

プロアクティブなポリシー遵守体制: 企業・組織に所属するすべてのユーザーのアクションが、規定されたポリシーを遵守するよう、リアルタイム モニタリングおよび変更内容の無効化で環境を保護します。

監査とレポート作成: 監査の対象とすることができるデータ アクセス レポートを作成し、悪意のある行動を抑制するためのポリシーを強化します。

「2015 年には、情報漏えい事件が毎週のようにニュースとなりました。2016 年も、欧州データ保護法が大幅に強化される年でもあり、引き続き情報セキュリティの動向に注意を払っていく必要があります。安全かつ適切にデータを運用していくには、組織が保有するデータの内容を正確に把握し、どのように情報漏えいを防ぐかについて考えておくことが欠かせません」 と、AvePoint で コンプライアンス・リスク部門を率いる Dana Simberkoff は語ります。「Gartner 社のレポートでは、DCAP 市場の様相が総合的に分析されているため、どのベンダーがどのような製品・ソリューションを展開しているかについての情報が明確に展開されています。複数のプラットフォームを対象にしたAvePoint のデータ保護ソリューションも、市場の文脈の中にしっかりと位置付けられています。」

AvePoint が提供する DCAP ソリューションについては、AvePoint の Web サイトをご覧ください。Gartner 社の DCAP マーケット・ガイドは 同社の Web サイト でご覧いただけます (英語のみ。閲覧方法については Gartner 社までお問い合わせください)。

Gartner 社は調査資料で示しているいかなるベンダー、製品、サービスを支持することも、最高評価またはその他の指名を得たベンダーのみを選択するよう、技術ユーザに助言することもありません。Gartner 社の調査資料は Gartner 社の研究機関の意見に基づくもので、陳述書として解釈されるべきではありません。Gartner 社では、この調査に関して、特定の目的に向けた商品性あるいは適合性へのあらゆる保証を含む、明示的あるいは黙示的なすべての保証を放棄しています。

会社概要

AvePoint は、様々なプラットフォームおよびデバイスを融合することで、次世代のエンタープライズ コラボレーションを可能にする、業界を代表する企業です。ナレッジ ワーカーが自信を持ってコラボレーションできるよう、デジタル化への道を模索する企業を対象に、AvePoint はオンプレミス・クラウドを問わず、コラボレーション環境や文書管理システム内にある情報資産へのアクセスとコントロールを実現する独自のソリューションを提供し、業界のパイオニアとして市場を牽引しています。AvePoint のソリューションとサービスは、ビジネス担当者と IT 担当者、コンプライアンス・リスク担当者が協力し、ビッグデータ・クラウド統合・コンプライアンス・エンタープライズ コンテンツ管理・モバイル データ アクセス監視など、様々なビジネス目的を果たせるよう支援しています。

2001 年にニュージャージー州ジャージーシティから出発した AvePoint は、5 大陸で 14,000 社・300 万以上の Office 365 ユーザーにソリューションを提供しています。対象とする業界は、エネルギー・金融・ヘルスケアおよび製薬・官公庁など、多岐にわたります。AvePoint は、Microsoft のグローバル ISV パートナー・マイクロソフトゴールド認定コラボレーション・コンテンツ パートナー、ゴールド認定クラウド プラットフォーム パートナーであるほか、2015 年度には 「コラボレーション・コンテンツ パートナー」 部門で、2014 年度には 「ナショナル セキュリティ」 部門で、Microsoft パートナー オブ ザ イヤーの栄誉に輝いています。また、米国政府戦略パートナーシップ GSA プロバイダーの認定を受けています。

AvePoint Japan 株式会社 Web サイト http://www.avepoint.co.jp/
Facebook 公式ページ http://www.facebook.com/avepointjp
アブポイント ジャパン ブログ http://www.avepoint.co.jp/community/

報道関係者からのお問い合わせ先
AvePoint Japan 株式会社 マーケティング部
〒108-0074 東京都港区高輪 4-10-18 京急第一ビル 11 階
TEL:(03) 6853-6301
Email:Marketing_JP@avepoint.com

製品に関するお問い合わせ先
AvePoint Japan 株式会社 営業部
〒108-0074 東京都港区高輪 4-10-18 京急第一ビル 11 階
TEL:(03) 6853-6300
Email:SalesJP@avepoint.com

その他ここに記載されているすべての製品名および会社名は各社の商標です。

次のステップ

お問い合わせ

お問い合わせ

デモのリクエスト

デモのリクエスト

無償評価版ダウンロード

無償評価版ダウンロード