Christian Aid、DocAve® により Microsoft® Office 365 コンテンツの復旧作業を 97% 高速化すると同時に包括的な保護を実現

クリティカル ニーズ

  • 粒度が細かく完全忠実な SharePoint データの復元
  • 重要 SharePoint コンテンツの自動バックアップ

事例を PDF でダウンロード

  • Christian Aid
  • 顧客ロケーション 英国
  • 業界 非営利団体
  • プラットフォーム SharePoint 2013, SharePoint Online
  • AvePoint ソリューション

    バックアップ & リカバリー

ハイライト

  • SharePoint Online コンテンツをアイテム レベルの粒度で 2 時間以内にリストア、Microsoft SLA で規定されている既定機能と比較して 97% の高速化を実現
  • 重要ドキュメントを、関連メタデータを全て保存した状態で完全忠実に復旧、SharePoint 検索機能の精度を保持
  • 1.3 テラバイト (TB) の SharePoint Online コンテンツをオンプレミス ストレージへバックアップする際に完全・差分・増分バックアップ作業をスケジュール化して自動的に実行、組織内の重要データの常時可用性を徹底
「既定の SQL Server バックアップと比べて DocAve ははるかに使いやすく、私がいない時に別の管理者や開発者が SharePoint バックアップを実行することも簡単にできます」
Srinivas Maddimsetty データベース管理者、Christian Aid

挑戦

世界の貧困の根絶を目指し約 50 か国で活動する Christian Aid では、ビジネス システムとして 10 年以上 SharePoint を使用しています。

Christian Aid はコラボレーションの場としてだけでなく、契約書やパートナー書類、財務情報などの重要コンテンツの保管に SharePoint を活用してきました。

現在、組織内の 900 名のユー ザーのうち 70%が本部のある英国に拠点を置いており、残りの 30%のユーザーは地方オフィスで活動しています。


各ユーザーの拠点が地理的に分散しているという状況から、Christian Aid では英国に設置されたオンプレミス版の SharePoint 及び Microsoft Exchange へのユーザー アクセスに限界を感じ始めていました。

これに加えて Exchange サーバーを緊急にアップデートしなければならないという状況もあり、Christian Aid ではコンテンツの大部分を Microsoft クラウド生産性プラットフォームである Office 365 へと移行することを検討し始めます。

「各地域で活動しているユーザーにとってはネットワークへの接続状況が必ずしも安定しているとは限らないため、彼らが必要な情報を得るのはとても大変でした」 Christian Aid データベース管理者の Srinivas Maddimsetty 氏は話します。「色々なサービスを試してみたのですが、Microsoft Office 365 は最も速いアクセスが可能でした」


Christian Aid は、契約書などオンプレミスでの管理が必要な 150 ギガバイト (GB) のデータのみを SharePoint 2013 に残して1.3 TB のデータを Office 365 へと移行し、ハイブリッドな環境を構築しました。

しかし、クラウド上でのデータ保護という点を考えたとき、Microsoft が提供している SLA では十分でないということに気づきます。

「Microsoft では、アイテム レベルでのデータ復旧についてサポートしていませんでした。復旧作業はサイト レベルのみで、72 時間もかかってしまいます」 Maddimsetty 氏は話します。「これは生産性の低下を発生させるだけでなく、万一アイテムが紛失してしまった場合、その後に作成された新しいコンテンツが失われてしまうというというリスクがあります。私たちにとって、この点での柔軟性は非常に重要でした」


より包括的な Office 365 データ保護を求め、Christian Aid はサード パーティによるソリューションを模索し始めます。

AvePoint のソリューション

クラウドにおけるデータ復旧という課題を解決するため、Christian Aid は最終的に DocAve バックアップ&リカバリーの導入を決定します。

DocAve バックアップ&リカバリーは、AvePoint が提供する SharePoint インフラストラクチャ管理のためのソフトウェア プラットフォームです。

DocAve バックアップ&リカバリーでは SharePoint Server、仮想マシン (VM)、SharePoint Online、OneDrive for Business に対する、組織に合致した総合的な保護を実現します。

「私たちはいくつかの製品を検討しましたが、最終的に候補として残ったのが DocAve でした」 Maddimsetty 氏は話します。「特に私たちの気に入ったのは、例えばコンテンツの複製など、SharePoint 管理におけるその他の様々な機能を同じプラットフォームから自由に追加することができるという点です」


DocAve を活用することにより、Christian Aid はコンテンツやカスタマイズ、ソリューション、アプリ、フィーチャーなど、SharePoint Online 環境全体の包括的なバックアップが可能となり、データ保護に対する社内要件をクリアすることができました。

「DocAve は SharePoint Online の完全バックアップを毎月、差分バックアップを 2 週間おきに、増分バックアップを毎日、といった形でスケジュール化することができるため、社内ストレージの適切なバックアップを実現することができます」 Maddimsetty 氏は話します。「既定の SQL Server バックアップと比べて DocAve ははるかに使いやすく、私がいない時に別の管理者や開発者が SharePoint バックアップを実行することも簡単にできます」


Christian Aid が DocAve 購入を決めた理由はこれだけではありません。オンプレミス・クラウドを問わず、あらゆる環境から SharePoint コンテンツをアイテム レベルの粒度で復旧できることも大きな魅力でした。

ちょうどその頃ユーザーが誤って重要な契約書データを削除してしまったという案件が発生したところだったので、試験的に DocAve の機能を使用したところ、社内で大きな反響があったと言います。

「現地へ電話をかける必要すらありませんでした。ただシンプルに DocAve の復旧プロセスに従っただけで、わずか 2 時間足らずでドキュメントがユーザーの手元に戻ったのです」 Maddimsetty 氏は話します。「Microsoft の既定リストア機能に頼っていれば、恐らく丸 3日はかかっていたと思います」


作業時間の大幅な節約に加え、Christian Aid では DocAve を使用することで、コンテンツの権限やバージョン履歴、その他あらゆる関連メタデータを完全に保持した完全忠実な状態でユーザーの元に戻すことができるようになりました。

「完全忠実なコンテンツ復旧を実現することのできる DocAve の機能は私たちにとって非常に重要です」 Maddimsetty は話します。「SharePoint の検索機能を活用するためにも、メタデータは確実に残るようにしなければなりません」

最終結果

DocAve を使用してハイブリッド SharePoint 環境におけるワークフォースとコラボレーションの改善・加速化を実現した Christian Aid は、ミッション クリティカルなシステムの保護に対してこれまで以上の水準の実現を期待しています。

Maddimsetty 氏はまた、AvePoint の 24 時間対応可能なサポート チームにも大きな信頼を寄せています。

「AvePoint の技術サポートは本当に素晴らしいです。彼らと共に作業することで、大きな価値のある経験を得ることができました」 Maddimsetty 氏は話します。「彼らにはぜひ 5 つ星をあげたいですね」

顧客紹介 Christian Aid

Christian Aid は、貧困などの問題に取り組みながら、助けを必要としている人々に実用的で効率的な救急サ ポートを提供しているキリスト教系の組織です。

Christian Aid