Avatar of AvePoint

【速報】 AvePoint @ Microsoft Ignite 2017! 第 2 日目レポート: SharePoint & OneDrive 重大発表続々!

By: AvePoint
共有:

MSIgnite day 2

Microsoft Ignite 2017 第 1 日目の熱気、そして大きな注目を集めた Microsoft Teams のデモについてはすでに本ブログでもお伝えしましたが、2 日目も Microsoft の一大イベントにふさわしく、数多くの重大発表が満載の日となりました。

その中でも、Microsoft で OneDrive・SharePoint・Office 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Jeff Teper 氏によるセッション 「Accelerate your digital transformation with SharePoint and OneDrive」 には、Office 365 の中核を担うこれらの製品群がどこに向かおうとしているのかを示す重大な情報が数多く含まれていました。

今回の記事では、Teper 氏のセッションから得られた情報を厳選し、皆様にお届けしたいと思います。

•セッションでは、Office 365 コンテンツを、外部ユーザー (組織外のユーザー) とセキュアに共有する方法についての解説が展開されました。ドキュメントを外部ユーザーと共有すると 「共有されたドキュメント」 と 「ワンタイム パスコード」 をそれぞれ含む計 2 通の通知メールが送信されます。これで、Office 365 アカウントを持っていないユーザーであっても、ドキュメントへのアクセス・閲覧・編集が可能になります。

•既存の SharePoint サイトを Office 365 Groups に接続し、サイトをさらに強化する方法についても解説がありました。

•OneDrive Files On-Demand が利用可能となりました。これにより、OneDrive ファイルをファイル エクスプローラーに同期し、デバイスのストレージを消費することなく直接管理することが可能になりました。

•Microsoft の SharePoint Migration Tool が発表され、ホーム ディレクトリ、ファイル シェア、ドキュメント ライブラリを Office 365 に移行することが可能になりました。この機能は、既に Microsoft から利用できる Powershell 移行に UX を載せたものとなります。

データ マッピングやスケジュール設定、増分移行やメタデータまで含めた移行などが必要な場合は、AvePoint の移行ツールや MaaS (サービスとしての移行) などのソリューションなど、サード パーティ ツールが必要となるのは変わらないようです。

MSIgnite day 2.2

SharePoint ハブの公開もアナウンスされました。この機能では、組織のイントラネットの関連するサイトをまとめ、共通のルック・アンド・フィールやナビゲーションを付与することができます。また、ニュースやアクティビティを関連するサイトから収集し、ハブ サイトのホームページに集約します。

•OneDrive から直接ドキュメント承認のワークフローをトリガーできる機能についての解説が展開されました。

•SharePoint・Microsoft 365・Bing・Office.com を横断的に検索し、欲しい情報をよりスピーディーに表示する Personalized Search が利用可能になります。また、ファイルが検索対象に含まれている場合は、ファイルの種類にかかわりなく、検索結果からプレビューが閲覧できます。ダウンロードの必要はありません。

•Office 2019 がついに登場します。プレビュー版公開は 2018 年 中旬、正式リリースは 2018 年後半となる予定です。

MSIgnite day 2.3

共有: