Avatar of AvePoint

ビッグデータとプライバシー保護の共存のために

By: AvePoint
共有:

※本記事は、セキュリティ専門誌 「Scan Net Security」 で連載中の記事の抜粋です。

データ流出、ドローン、そして国家安全保障局 (NSA) による監視…これらの問題は消費者、専門家、政府機関などから大きな関心を寄せられています。

しかし、真のプライバシーの問題が登場するのはまだこれからなのです。デバイスが公的資源の代用品となったとき、何が起こるのでしょうか?

データ収集を実行する側とされる側の力の不均衡がますます広がりつつある状況下にあって、プライバシーとビッグデータが、どちらかを犠牲にすることなく共存することのできる未来を追求するためには、責任体制の新たなフレームワークを構築する必要があります。

ここではまず、なぜ現在のような状況が生まれたのかを簡単に振り返ってみましょう。

続きをご覧になりたい場合は こちら (Scan Net Security の記事に飛びます) をご覧ください。

共有:

ビッグデータとプライバシー保護の共存のために」への2件のフィードバック

  1. office 2016 価格

    Mac版は半年前にプレビュー版が発表され、筆者はこれまで使ってきました。macのインターフェイスとwindowsのインターフェイスは全く同じで、初めてMACに触れる方でも簡単に使えます。パッケージ版(POSA/ダウンロード版)とoffice365購読版は既に正式発売され、それで複数のオプションを前にして、自分に合ったバージョンをいかに選択すれば良いのでしょうか。

    office 365 soloは個人と家庭用に向く一方、企業用の場合、office 365 businessのほうが向きます。word、excel、powerpointなど常用アプリケーションさえあれば、十分に仕事できます。しかしoffice 365のバージョンが多く、バージョン間の相異点もあり、officeを購入する場合、どのバージョンが最も経済的なのでしょうか。それでは、バージョンの相異点を説明します。

コメントは停止中です。