Avatar

【速報レポート】de:code 2019 基調講演

By: AvePoint

【de:code 2019、開幕】

先日の記事 にてお伝えしたとおり、本日 5 月 29 日からザ・プリンスパークタワー東京にて開催されている、開発者向けテクニカル カンファレンスである de:code 2019 に、AvePoint Japan もゴールド スポンサーとして参加しています。

今回の記事では、日本マイクロソフト代表取締役である平野拓也氏が登壇して行われた基調講演の様子をお届けいたします。

まずは開幕前の様子から。AvePoint のロゴも前方スクリーンに登場していました。
decode2019_01
Microsoft Build の日本版とも称され、2019 年の今年で 6 回目となる de:code。基調講演のトップバッターとして登壇した平野氏は、奈良の興福寺にある阿修羅像の分析に Microsoft の Cognitive Service が、先月火災の被害に遭った パリ・ノートルダム大聖堂の修復 に、文化財の 3D 再構築を専門とするスタートアップと共同し、GitHub を利用して取り組んでいる ことなどのエピソードを紹介しました。

decode2019_01
【インテリジェント クラウド】

ここから平野氏は、IT にとどまらず農業、小売、金融などの全産業に情報技術が利用されていること、コネクテッド・カーや医療用デバイスなど、生活の中に溶け込んでいる技術がかつてないほど増えていることなどに触れ、「すべてがつながっている」時代の到来によって「IT 開発者・技術者には、非常に大きなオポチュニティが待っており、(時代に) 必要とされている」 と語りました。

コネクテッド デバイスからは、いうまでもなく膨大なデータが生み出されます。
同氏は、そのデータの支え手となるインテリジェント エッジとインテリジェント クラウドについて説明し、「膨大なデータを、意味のある形にしていくことが重要になる。これを進めることで世界と日本でデジタル トランスフォーメーションが進んでいく」と語りました。

【Microsoft Office 365 の主役はやっぱり Teams?! 】

平野氏に続いて登壇した Microsoft コーポレート ヴァイス プレジデントの Jared Spataro 氏は、「生産性の未来」のテーマに従い、「生産性の中心に据えられるべきはアプリでもデバイスでもなく、『ひと』。利用する人が何をしようとしているかを中心に考え、その目的に向けてソリューションとサービスを提供するのが Microsoft 365」 と語りました。

同氏に紹介されて登壇したシニア プロダクト マネージャーの Mary Sheppard 氏は、モバイルの Outlook Mobile から PC へとアプリやデバイスを横断しながら、Microsoft 365 の「どこからでも、途切れることなく、仕事仲間とコラボレーション」 が実際に行われる様子を紹介するデモが行われました。


(ビデオは Microsoft Build 2019 より)

Microsoft Teams のデモでは、スマートフォンのロック スクリーンからでも Teams 会議に参加し、「ロビー」 でマイクやビデオの音声設定などを調整してから会議に参加することができる機能や、会議の参加中にスワイプなどの簡単な操作で OneDrive からドキュメントを共有する機能、Outlook で  「フォーカス」  タイムとして設定した時間帯が自動的に Teams ステータスに反映され、通知に邪魔されずに仕事ができる機能などが紹介されました。

【Fluid Framework で、一歩先の Teams へ】

また、Microsoft Build で発表され、大きな話題を呼んだ Fluid Framework のデモンストレーションも実施されました。コンテンツをビルディング ブロックに分割し、「人とアプリの間の障壁を打破することができる新しいテクノロジー」  を謳う Fluid Framwork は、例えば Teams の会話にコピー&ペーストされた表をそのまま Excel の表として共同編集できるなどの操作を可能にします。

(ビデオは Microsoft Build 2019 より)

【ファーストライン ワーカーにも Teams を & 会議がもっともっと強力に】

従来は主にオフィス ワーカー向けと考えられてきた Teams ですが、本基調講演ではシフト機能・スマートカメラを利用したトラブル対応・位置情報共有などの機能を前面に出したファーストライン ワーカー向けの機能強化が紹介されました。

また、Skype for Business との統合が確実に進行していることを反映 してか、「モバイル デバイスの位置情報を利用し、最も近くにある会議室を提案する機能」「ビデオ会議中に、ホワイトボードの前に立った人間の体が半透明で表示され、ホワイトボードに書かれた内容を読むことができる機能」 など、ビデオ会議と音声通話機能の強化についても大きく取り上げられていました。

【30 日は AvePoint のシアターセッションへ!】

基調講演に続き、de:code では数多くのブレイクアウト セッション、ハンズオン セミナーやチョークトークなどが展開されています。

30 日に「Teams とアジャイル」 をテーマに、オープンシアター 2 で 14 時半から登壇予定 の AvePoint Japan 中村太一も、現在張り切って最終準備を進めております。
de:code2019_06「会場限定のデモ内容もありますので、どうぞお運びください」と中村。

当日は各種 AvePoint グッズの他、写真で少しだけ見えている特製・オリジナル eBook (de:code2019 でデビュー) も配布いたしております。AvePoint ブースにも、シアターセッションにも、是非お運びください。

投稿日: 2019年5月29日    タグ: