Avatar

Office 365 への統合に使える!SharePoint オンライン・オンプレ間のデータ移行を自由自在に

By: 川鍋

こんにちは。

本ブログ 2 回目の登場となります。
営業の川鍋です!宜しくお願いします!

とても寒い日が続いていますね。。。昨年秋頃から新たな趣味として 「一人キャンプ」 と海釣りを始めたのですが、こう寒いとなかなかアウトドアにはチャレンジできないですね。。。

一人キャンプ、こんな感じです。焚火とお酒と読書。寝起きの一杯のコーヒー、最高です。

一人キャンプ

凍死のリスクがあるので 3 月半ばまではキャンプは封印ですね。早く春になってほしいです。

さて、今回は AvePoint 製品人気ランキング第一位 (日本で一番売れている) DocAve コンテンツ マネージャー に関してご紹介をさせていただきます。

【縦横無尽のサイト移動!!】
本製品の機能を簡潔にまとめますと 『メタデータを保持したまま縦横無尽にサイト構成を変えられる機能』を持っています。

本製品の機能を簡潔にまとめますと 『メタデータを保持したまま縦横無尽にサイト構成を変えられる機能』を持っています。

2 回言ってみました。

多くの企業様では部署単位でサイトを作成されているケースが多いかと思いますが、
組織改編を重ねる度に実際の組織構造とサイト構成に差異が生じていませんか。

構成変更(移動)を情シスご担当者が手動でおこなうと最終更新者・更新日時等の「メタデータ」が全て更新されてしまいます。

カットオーバー時はとても整理され、きれいな構成だったのになかなか変更することができない・・・。

そんな状況を解決することができる製品なのです。

【ファームを跨いだ移動に加え SharePoint Online への移動も可能!】
上記 「移動・コピー」 の機能はひとつの SharePoint 環境に閉じた話ではありません。

SharePoint 2013 から SharePoint Online へ、
逆に SharePoint Online から SharePoint 2013 へのサイトコピー・移動も実現します。

太字にしてみました。

親会社で大規模なオンプレミスファームを展開、グループ会社にて SharePoint Online を各自展開、
といったケースではバラバラに運用されている SharePoint/Online を一つに統合するような移動も可能なのです。(この手のお話が最近とても多いです。)

Office 365 への統合

まだまだお伝えしたいことがあるのですが、あまり長いとアレなので・・・
さらっと特徴を箇条書きさせていただきます。

☑保持情報を変えることなく縦横無尽にサイトを移動!
☑ファーム・テナントを跨いで移動・コピーが可能!
☑スケジュール実行が可能!デスクに張り付く必要がありません!←これ、重要ですよね。

次の大きな組織改編は 3 月末でしょうか。

大規模な組織改編に合わせて今度こそ SharePoint も整理・改編しませんか?

以上、川鍋がお送りしました!

◆ 冊子無料配布中!組織変更に伴う SharePoint・Active Directory の管理を簡単に!
◆ 川鍋の記事 「AvePoint 移行ソリューションの紹介