Avatar

いよいよ 「SharePoint Server 2016」 の詳細が明らかに!?Microsoft Ignite 2015

By: AvePoint

5月に米国シカゴで開催される 「Microsoft Ignite」 (5月4日~8日開催、会場:イリノイ州シカゴ) まで一か月を切りました。Ignite は、弊社 AvePoint にとっても今年最大のイベントとなっており、ゴールドスポンサーとして参加します。ブース展示のほか、AvePoint 社員によるスピーカーセッションもあります。AvePoint ブースでは、高級二輪バイク ドゥカティ社の 「モンスター821」 が 1 名様に当たる抽選会もあります。さらに、昨年の SharePoint Conference で好評だった AvePoint 主催のVIP パーティー 「RED Party」 を Ignite でも行う予定です。AvePoint によるセッション内容や RED PARTY の開催日時 についてはこちらをご覧ください。

RED

Microsoft Ignite では、AvePoint 主催の RED Party を開催します (写真は昨年の SharePoint Conference で行われた RED Partyの様子)。

会期中は 15,000人 以上のビジネス・テクノロジー分野の意思決定者、IT 業界関係者、IT 管理者の来場が見込まれます。会場となるシカゴの McCormick Convention Center は多いに混雑することでしょう。Microsoft Ignite は、ご存じのように昨年まで個別に開催されてきた SharePoint Conference・Exchange Conference・Lync Conference・Project Conference・TechEd Conference が統合されたものです。巷では SharePoint 関連のセッションの縮小を嘆く声も聞かれますが、Ignite では今までと変わらない SharePoint /Office 365 コミュニティーの存在感を確認できると思います。

Ignite で注目されるのは、次期バージョンの 「SharePoint Server 2016」 の詳細が、Microsoft より発表されることです。SharePoint の初代バージョンがリリースされた 2001 年からずっと、SharePoint の進化に合わせて自社ソリューションを発展させてきた弊社 AvePoint にとっても SharePoint Server 2016 の発表は待ち遠しいものです。どのような進化が見られるのでしょうか?米マイクロソフトの Office Product Management team ゼネラルマネージャー Julia White 氏は、自身が2月に投稿した ブログ記事 「SharePoint の進化」 の中で、Microsoft 社はSharePoint Server /SharePoint Onlineの両方に投資を続ける姿勢を明確にしています。そして、SharePoint の次期バージョンでは、オンプミレス環境を維持したい、あるいはハイブリッド環境で利用したいと考える組織のどちらのニーズをも満たせると語っています。(日本語抄訳版 が日本マイクロソフトのウェブサイトに公開されています)。

今年後半には、SharePoint Server 2016 のリリースが予定される中、情報共有基盤の選択肢も増えてきました。Office 365 クラウド一本化に進むのか、オンプミレスの SharePoint Server 2016 に移行するか、あるいはハイブリッド構成を選ぶのか?Ignite で弊社が行うセッションの一つ は、「ベストなシナリオ」 を考える際に役に立つかもしれません。「SharePoint の未来が今ここに。オンプレミス・クラウド・ハイブリッド移行のポイント (原題:The Future of SharePoint is Now: Tips for Your Next On-Premises, Cloud, or Hybrid Migration)」 では、それぞれの環境の利点やリスクや、SharePoint Server 2016 の標準の移行機能などを説明します。

クラウド・オンプミレス・ハイブリッドいずれの環境を選んだ場合でも、AvePoint はサポートできます。Office 365 向けには、Azure に置かれた SaaS 型プラットフォーム AvePoint Online Services を提供しています。現在、200 万人の Office 365 ユーザーを管理しています。オンプミレス・ハイブリッド環境向けには、SharePoint 運用管理を単一のプラットフォームで実行できる DocAve 6 サービスパック 5 もあります。もちろん、移行のアセスメント・移行作業の実行・移行後の最適化を一貫して行っております。

Ignite では、多くの来場者の方から SharePoint / Office 365 のサクセス ストーリーを伺えることを楽しみにしています。また、運用管理上の課題についてお伺いし、アドバイスできればとも思います。日本からおいでになる皆様、ぜひ会場でお目にかかりましょう。AvePointブース (ブース番号568) にぜひお越しください。

AvePoint によるセッション内容や RED PARTY の開催日時 についてはこちらをご覧ください。RED Party への参加を希望する方は、AvePoint Japan まで お問い合わせ ください。