ynozaki

Notes 移行ユーザー会 を開催しました!

2020年2月28日
By: ynozaki

Notes 移行ユーザー 会を開催しました!
AvePoint ブログ読者の皆様、こんにちは。AvePoint Japan でアカウント エクゼクティブを務めております野崎佑太と申します。皆様どうぞよろしく、お見知りおきをお願い申し上げます! 今回の記事では、去る 2 月 12 日に大阪・梅田にて開催された 「 Notes 移行ユーザー会 」 についてご紹介したいと思います。
Notes移行ユーザー会

・Notes 移行ユーザー会 って?
AvePoint は、Cloud Governance 等 Microsoft Teams 運用管理ツールの印象もあってか、最近ではすっかり 「Teams の運用管理」 の印象が強くなりましたが、もともとのお家芸は SharePoint への移行でした。

近年でも、JAL 様のファイル サーバー移行ルネサスエレクトロニクス様の LiveLink 移行 など、様々なお客様の移行プロジェクトを支援させていただいております。

中でも、特にご用命いただくことが多いのが、日本企業で長い間利用されてきた Lotus Notes から、Office 365 への移行です。

長い間業務の中核を担ってきたグループウェアであるだけに、中にたまっている情報量が膨大になる、カスタマイズ機能の取り扱いが問題化するなど、移行プロジェクト担当者様は大きな課題に直面されることが少なくないようです。

また、移行先となる Office 365 の導入・利活用についても、「エンド ユーザーに対し、SharePoint Online をどのように社内アピールしていくか」 「切り替えはどう進めていくべきか」 という問いに悩まれている担当者様にもお会いすることが多々あります。

Notes移行ユーザー会 1AvePoint でも、移行を支援させていただいたお客様から、「同じような経験をした脱 Notes IT 担当者の方と直接、ざっくばらんに話をしてみたい」 というお声を頂戴しました。

それを受けて関西で移行プロジェクトを担当した AvePoint メンバーが中心となり、「Notes 移行を終えた、もしくはプロジェクト進行中」 の企業様からご担当者様をお招きしたところ、4 社のご担当者様から 「是非参加したい」 とのお声を頂戴することができました!

・現場の声に感じた重み
当日は各社 2 名の参加者様をお迎えして、以下のようなトピックでディスカッション・意見交換をしていただきました。

  • データ移行後の Office 365 のカスタマイズ失敗例・成功例
  • Notes 時代の運用で良かったと思う/後悔している運用方法、それを Office 365 の運用で活かせるかどうか
  • Office 365 の利用促進はどうしていったか

「Office 365 は Notes と違い、モバイル端末との親和性が高いので、それをアピールポイントにした」「Notes の内容はやみくもに移行するのではなく、充分な塩漬け期間を設けることで、現場に納得してもらった」「経営層から 『何故移行することにしたのか』 を現場レベルに発信することが大事と感じた」 等、現場で実際に Notes 移行プロジェクトに携わられた方々のご意見にはやはり重みがあり、私も学ぶところ大でした。

・ユーザー会、次は皆様のお近くでも!
Notes 移行ユーザー会 2ご参加の皆様からも 「普段なかなか聞く機会のない、他社の移行プロジェクトの話をざっくばらんに聞けてよかった」「他社の施策や課題を知ることができ、自社で取り組むべきアクションが明確になった」 等、嬉しいお声を頂戴しました。

今回はお声掛けいただいたお客様が関西圏に集中していたことから、大阪での開催となりましたが、これを機に、是非様々な場所でユーザー会を開催したい! と考えております。また、テーマも 「Notes」「移行」にとどまらず、Office 365 運用・利活用など、もっと幅広いテーマも取り入れて開催していきたいと思います。

「AvePointから直接話を聞きたい」・「同じ課題に取り組む他企業の方と交流したい!」、「自社の情シスを参加させたい」 とお考えいただけたら、是非 こちら のページのコンタクト フォームからご連絡ください。備考欄に 「 Notes 移行ユーザー会 ブログ」 とお書き添えいただければ、私・野崎がすぐに折り返しご連絡させていただきます!