Avatar

SharePoint 導入計画サービス (SDPS) をご利用ください

By: AvePoint

こんにちは。今日のブログは SharePoint 導入計画サービスのご紹介です。

マイクロソフトの Office EA または Core CAL EA のライセンス契約をお持ちではありませんか?これらのライセンスを持っているエンドユーザー企業様には、ソフトウェア アシュアランス特典が付与されており、この特典を使って、SharePoint 導入計画サービス (SDPS) を利用することができます。特典の一環としてついてくる、バウチャーチケットでサービスを受けることができるので、追加のコストは一切かかりません。

SDPS とは何でしょうか?日本マイクロソフトのウェブサイト では以下のように説明されています。

“SharePoint 導入計画サービス (SDPS) では、お客様が認定パートナー様を通じて、SharePoint の提供および SharePoint の導入計画をご利用いただくことができます。1 日間から 15 日間の計画サービスを利用できる SDPS では、広範な計画参考資料、ツール、および定義済みの契約アクティビティが用意されており、導入、アップグレード、または移行に関するサービス提案を効果的に立案していただけるよう、お客様を無償でお手伝いいたします。”

せっかく特典を行使できる権利があるのですから使わない手はありません。

AvePoint も SharePoint 導入計画サービス (SDPS) の認定パートナーとして、サービスを提供しています。

SharePoint 導入計画 (SDPS) のサービスは、各社から提供されていますが、AvePoint の特徴は、移行アセスメント サービスにあります。

SharePoint 専業ベンダーである弊社は、Notes や SharePoint の下位バージョンなど、16 ものプラットフォームからの SharePoint/SharePoint Online 移行をサポートしております。

こうした強みを活かし、弊社の SDPS サービスでは、レガシー プラットフォームやオンプレミス SharePoint から SharePoint Online への移行を検討しているお客様などを対象に、移行元の既存環境の現状を調査し、「移行できるもの・できないものは何か?」「移行作業の阻害要因となりうるものは何か?」 などを洗い出します。移行時におけるリスクとその回避方法をまとめたレポートをお渡しいたします。

また、移行アセスメントに加え、運用要件の定義を行うサービスも提供しております。

実際にご利用頂いたお客様からは 「SharePoint 活用のイメージを把握することができた」 など、ご好評いただいております。

AvePoint の SharePoint 専門家による移行アセスメント サービスを受けてみたい!という方は、AvePoint の SDPS の特設ページ にアクセスいただき、お問い合わせフォームを送信してください。

20160324

投稿日: 2016年3月25日