Avatar

「SharePoint Server 2016 」まとめ: インフラストラクチャーに関しての最新情報

By: 李 明浩

次期バージョン SharePoint Server 2016。どんな機能強化や新機能の追加があるのでしょうか?インストール要件のアップデイトは?これまで Microsoft 社が公開した SharePoint 2016 に関する情報を収集・整理した上で、弊社プリセールスチームから SharePoint Server 2016 のまとめとして、このブログを通じて皆様にお届けしていきます。
今回の記事では、インフラストラクチャーに関しての最新情報をご紹介します。


 目次
 インストール要件について
 展開シナリオ
 アップグレードと移行
 ソフトウェアの境界と制限
 ファーム構成 (MinRole)
 より迅速なサイト作成が可能に


 

<インストール要件について>

1. ハードウェア要件

まず、SharePoint 2013 の要件と基本的には同じで、以下の要件を満たしている必要があります。

  • ディスク容量 80 GB
  • プロセッサ 4 コア
  • ファームサーバー用の RAM  12 ~ 16 ギガバイト
  • 単一サーバー用の RAM 最大 24 ギガバイト

詳細については以下のハードウェア要件比較表をご参考ください。

SharePoint 2013 ハードウェア要件

インストールシナリオ 展開の種類と規模 RAM プロセッサ ハードディスク領域
組み込みデータベースを使用する単一サーバーまたは SQL Server を使用する単一サーバー 開発環境向けの最小推奨サービスを備えた SharePoint Server 2013 または SharePoint Foundation 2013 の開発または評価インストール。 8 GB 64 ビット、4 コア システムドライブに 80 GB
組み込みデータベースを使用する単一サーバーまたは SQL Server を使用する単一サーバー Visual Studio 2012 および開発環境向けの最小推奨サービスを実行する SharePoint Server 2013 または SharePoint Foundation 2013 の開発または評価インストール。 10 GB 64 ビット、4 コア システムドライブに 80 GB
組み込みデータベースを使用する単一サーバーまたは SQL Server を使用する単一サーバー 使用可能なすべてのサービスを実行する SharePoint Server 2013 の開発または評価インストール。 24 GB 64 ビット、4 コア システムドライブに 80 GB
3 層ファームの Web サーバーまたはアプリケーションサーバー SharePoint Server 2013 または SharePoint Foundation 2013 のパイロット、ユーザー受け入れテスト、および運用展開。 12 GB 64 ビット、4 コア システムドライブに 80 GB

 

SharePoint 2016 ハードウェア要件

ンストールシナリオ 展開の種類と規模 RAM プロセッサ ハードディスク領域
SQL Server 開発環境向けの最小推奨サービスを備えた SharePoint Serverまたは評価インストール。 12-16 GB 64bit, 4コア システムドライブに 80 GBセカンドドライブ100 GB
SQL Server を使用する単一サーバー パイロット、ユーザー受け入れテスト、使用可能なすべてのサービスを実行する 16-24 GB 64bit, 4コア システムドライブに 80 GBセカンドドライブ100 GB
Webサーバーまたはアプリケーションサーバー (3層構成) 開発環境向けの最小推奨サービスを備えた SharePoint Server または評価インストール 8-12 GB 64bit, 4コア システムドライブに 80 GBセカンドドライブ80 GB
Webサーバーまたはアプリケーションサーバー (3層構成) パイロット、ユーザー受け入れテスト、使用可能なすべてのサービスを実行する 12-16 GB 64bit, 4コア システムドライブに 80 GBセカンドドライブ80 GB

2. ソフトウェア要件

OS 要件
Windows Server 2012 R2Windows Server Technical Preview
.NET Framework要件
Windows Server 2012 R2 の場合→.NET Framework 4.5.2
Windows Server Technical Preview の場合→ .NET Framework 4.6 Preview
従来とあまり変わらず、必須コンポーネント インストーラー (prerequisiteinstaller.exe)を利用して、必要な役割を有効化し、以下のソフトウェアをインストールします。

Web サーバー (IIS) の役割
アプリケーション サーバーの役割

データベースサーバー要件
基本的には SQL Server 2014 を使用することになりますが、 SQL Server 2016 もサポートする予定です。
※補足—SQL Server Express Edition を使った自動インストールはサポートされなくなります。

 

<展開シナリオ>

こちらも SharePoint 2013 と同様です。

            SharePoint Server 2013 SharePoint Server 2016
ワークグループ 非対応 非対応
DC同居 開発インストール 開発インストール
クライアント OS 非対応 非対応
ダイナミックメモリ 非対応 非対応
Windows Web Server 非対応 非対応

 

<アップグレードと移行>

SharePoint Server 2013 からのアップグレードはサポートされています。
SharePoint Server 2013 からアップグレードする場合、データベース アタッチによるアップグレードが行えます。
ちなみに、SharePoint 2010 (14.5) モードのサイト コレクションは、先に 2013 モードにアップグレードしてから SharePoint 2016 にアップグレードする必要があります。コンテンツデータベースとサービス アプリケーションデータベースをコピーして、SharePoint 2016 ファームにアタッチ後、データベースをアップグレードするという手順となります。
移行の観点で、新しいデータ移行用の SharePoint API を定義されるとのことです。ちなみに、弊社では SharePoint の移行製品をご用意していますが、2016 のバージョンへの移行もサポートする予定です。

 

<ソフトウェアの境界と制限>

SharePoint 2013 と比べて、いくつかの制限が緩和されました。

最大値 (SharePoint 2013) 最大値 (SharePoint2016)
コンテンツ データベースのサイズ 200 GB  TB
コンテンツ データベースごとのサイト コレクション 最大 10,000 個 (非個人用サイト コレクションが 2,500 個と個人用サイトが 7,500 個、または個人用サイトだけで 10,000 個) 100,000個
リスト ビューのしきい値 5,000 5,000 以上
ファイルのサイズ 2GB 10GB
インデックスの制限 200 万個 5億

 

<ファーム構成 (MinRole)>

MinRole とは新たに導入されるインフラストラクチャーの概念です。新たに導入される MinRole トポロジーは、インストール時に構成ウィザードで定義されたロールを明確に指定することができます。各サーバーのロールが決まっていることから、キャパシティ プランニングも簡素化され、またパフォーマンスも予測しやすくなるとのことです。

ちなみに、MinRole はあくまでも推奨トポロジーとのことですが、従来通りのトポロジー構成でも構築は可能とのことです。各ロールは、以下の6つに分かれます。

ロール名 説明
Special Load 他のサービスから独立する必要のあるサービスのみを起動する。3rd パーティ、PerformancePoint などのサービス用。ちなみに、従来と同様に必要なサービスを起動することも可能。
Web Front End エンドユーザーからの要求を処理する。遅延が短縮できるよう最適化。
Single Server Farm 単一サーバーにすべてのサービスを実行する。開発環境向け、また、評価インストール
Search 検索サービス用
Application バックエンドジョブや、バックエンドジョブがトリガーになっている要求を処理する。スループットが高くなるように最適化。
Distributed Cache 分散キャッシュ用。オプションとして、このロールをサーバーに割り当てることで、Web フロントエンド間のエンドユーザーからの要求を負荷分散するようになる。

MinRole は、製品構成ウィザード (PSConfig GUI) または、コマンドラインから指定できます。

 

<より迅速なサイト作成が可能に>

SharePoint 2013 ではサイトを作成する場合に、機能の有効化やサービスのプロビジョニングに一番時間がかかりました。SharePoint 2016 では、SPSite.Copy API をコンテンツデータベースレベルで利用して、サイトを迅速に作成することが可能になりました。

今回は、SharePoint Server 2016 に関するインストール要件、アップグレードと移行、ファーム構成 (MinRole)、迅速なサイト作成をご紹介させていただきました。
SharePoint Server 2016 まとめに関する次回の投稿もご期待ください。

参考

*備考:Bill Baer (Microsoft) 氏のブログに記載されている SharePoint 2016 ハードウェア要件に関してですが、「Database server running a single SQL instance」 という表現が少しややこしいと思われます。字面どおりに見ると、Database server のハードウェア要件を話しているようです。しかし、当日のビデオの内容と SharePoint 2013 を見ると、ここは 「SQL Server を使用する単一サーバー」 のことであると考えております。

おまけ:SharePoint の導入・活用を進める際に組織が直面しやすい 5 つのお悩みとその対処方法をまとめた「SharePoint サバイバル ガイド」(全 13 ページ) を無料進呈中です。下記のバナーをクリックし、必要事項を記入の上で申し込みフォームを送信していただくと、ダウンロード リンクを含んだメールがお手元に届きます。

SharePoint サバイバルガイド無料進呈中!ダウンロードはこちらから