Avatar

行政業務を効率化する自治体ソリューション:講演プレビュー

By: 中村

こんにちは。AvePoint 広報の中村です。

弊社では、10 / 29 ~ 10 /31 まで、開催される大型イベント 「社会イノベーション2014 / Smart City Week 2014」 (主催:日経BP社、開催地:パシフィコ横浜) で講演・出展します。国内外の自治体関係者が集まり、エネルギー問題、防災、交通、少子高齢化といった社会の課題の解決に向けて意見交換をする催しです。

弊社の講演では、「民間向け窓口から行政業務までの電子化がもたらす新電子政府」 と題して、弊社の行政ソリューション「Citizen Connect」 をご紹介します。はい、実は弊社、自治体向けのソリューションも展開しているんです。そこで、今回は講演を担当する 金籠 に講演内容を聞いてみました。

社会イノベーション2014 AvePoint 講演

 

 

 

 

 

 


 

1)   自治体へはこれまでどういった提案をしてきましたか?

金籠: 地方自治体向けに、業務に即した情報共有基盤のデザインを手掛けています。職員の皆さんがより生産的に業務を行えるよう情報アーキテクチャー設計のコンサルティングをしています。情報を整備する中で、ユーザーヒアリングを通じて自治体ならではの業務について学ばせて頂いています。頻繁な人事異動による担当者入替があるため、業務の引継ぎ形態や過去年度文書の重要性というのは自治体ならではのニーズですね。窓口業務を中心に紙の存在感もまだまだ残っている自治体さんが多いのではないでしょうか。

 

2)   今、電子行政に関連する ICT 政策の潮流として、「電子政府」 「オープンガバメント」 「オープンデータ」 がキーワードになっています。これらを自治体が推進をするうえではどのような課題があると感じていますか?

金籠: この3つはコンセプトですので、各自治体の状況に照らして、因数分解する作業、すなわち行政業務のどの部分に落とし込んでいくのかというステップが必要になります。実際には他に優先度の高い業務課題がたくさんある中で、これらのキーワードを自分たちの文脈に当てはめる作業というのは時間もかかりますし難易度が高いのではと考えています。

 

3)   今回、講演で紹介する 「Citizen Connect」 とは、具体的にどのような自治体業務に活用できるのですか?

金籠: Citizen Connect とは、住民と行政をつなぐ情報連携基盤です。Microsoft SharePoint、Office 365、Dynamics CRM を連携させたシステムで実現することができます。

「住民協働型のサービス提供による街づくり」 に活用できます。具体的には、道路の破損や、公園の遊具の破損など、住民の身近にある街の課題を、住民自らがスマホアプリなどを介して自治体の職員に報告し、関係職員が外部の業者と連携していち早く補修して事故などの未然防止につなげるというものです。これにより街に対する住民の親近感や満足度を向上させ、魅力ある街づくりに貢献できます。

 

4)   今回の講演から、参加者の方が何かひとつを持ち帰るとしたら、どんなことを持ち帰ってほしいですか?

金籠: 弊社 AvePoint Japan が、「住民協働型のサービス」 を提供していることをまずは自治体の方に知っていただきたいと思います。実際、米国では公共セクター向けの事業を専門にする別会社 “AvePoint Public Sector, Inc.” が存在するくらいですから、弊社はもともと自治体には強いです。

さらに、前述の Citizen Connect は、Microsoft がグローバルで展開している最先端 ICT による街づくりを実現する公共サービス 「CityNext」 と綿密に連携している点も押さえてほしいですね。Citizen Connect はCityNext 傘下のソリューションと考えて頂ければと思います。

 

5)   今回の講演や、社会イノベーション2014への参加について、個人的には何を期待していますか?

金籠: 自治体の関係者の方々といろいろと意見を交わすことですね。みなさん、ICT を取り入れた業務改革を考えて本イベントに足を運んでくるはずですが、実際にはどのような自治体業務へ取り入れることが現実的なのかをディスカッションをしたいです。また弊社はブースにて Citizen Connect のデモ紹介もしていますので、お気軽に足を運んでいただければと思います。

 


 

AvePoint 金籠による講演の日時は、10/31(金) 12:10 〜 12:50 です。お申込み はこちらです。

AvePoint ブースは、Smart City Week 展示会の小間番号 4401 です。

横浜で皆さまとお会いできるのを楽しみにしています!ぜひお越しください!