AvePoint_A icon

DocAve6インストールサーバーのディスクの容量がいっぱいになっていませんか

By: 夏 曼

こんにちは、AvePoint Japanのサポートチームの夏(カ)です。
 
皆さんが快く、安心して弊社製品をご利用いただくために、サポートチームで日々頑張っています~
 
DocAveを利用していると、製品の動作によって一時的に生成されたデータがどんどん溜まってしまいます。
そんな一時的に生成されたデータが溜まっていくいっぽうで、マネージャーサーバーや、エージェントサーバーのディスク容量がいっぱいになってしまっているなんてことありませんか??
今日の記事では、そんな皆様の悩みを解消したいと思います!
今日は、DocAve v6限定でお話ししますが、DocAve v5についても今後ご紹介する予定です。
 
本日のブログ記事では、DocAveのインストールディレクトリのフォルダの削除をご紹介しますが、その前に「プルーニング」についてご紹介したいと思います。
「プルーニング」とは、日本語では「剪定」や「刈り込み」と訳されますが、ITの世界にいるみなさんならもう言葉の意味はご存知かと思います。
 
本日ご案内するデータの削除は一時的な回避にしかならないので、日ごろの運用に「プルーニング」を取り入れることで恒久的にディスク容量を確保することが可能になります。
以下の画像の[ジョブプルーニング ルール]の設定により、お客様が利用されている全てのモジュールのジョブレポートやジョブにより生成されたデータを削除ことが可能です。

job pruning
 
さて、「プルーニング」をご紹介しましたが、今回は、データプルーニングを運用しているにもかかわらず、「ディスク容量がいっぱい」になる場合についての対処方法をご紹介したいと思います。
 
「ディスク容量がいっぱい」になってしまったときの対処法といえば、ずばり!「必要のないデータを削除する」に限ります。皆さんもケータイやスマートフォンの容量がなくなったときにデータを削除して容量を確保した経験があるかと思います。
今日の記事では、マネージャーサーバー、エージェントサーバー双方で、削除が可能なデータについてご紹介したいと思います。
 
まず、マネージャー側から紹介しましょう。
マネージャー側では、下記の2つのデータを削除することが可能です。
1. 監査コントローラジョブで取得されるIISログデータ
2. DocAve製品で実行するジョブに関するデータ
 
1. 監査コントローラジョブで取得されるIISログデータ
ファイルパス: ・・・\Program Files\AvePoint\DocAve6\Manager\Report\Temp\IISLog
保管されているデータ: 監査コントローラジョブでIISログ取得オプションが選択されている場合に、生成された一時的なデータが上記ファイルパスに保管されます。
データの生成タイミング: ジョブ実行時
データの削除タイミング: ジョブが正常に完了した時点、自動的に削除
※監査コントローラジョブが正常に完了しない場合、上記データは自動的に削除されず、残存します。
削除方法: 手動で削除します。
※上記ファイルパスに残存するIISログデータは、ごみデータとなるため、削除しても問題ありません。
 
2. DocAve製品で実行するジョブに関するデータ
ファイルパス:・・・\Program Files\AvePoint\DocAve6\Manager\Work
保管されているデータ:すべてのジョブレポートファイル、および、ジョブの関連情報を保管
データの生成タイミング:ジョブ実行時
データの削除タイミング:自動的に削除しません。
削除方法:ジョブプルーニング
 
次に、エージェント側について紹介したいと思います。
エージェント側では、下記の3つのデータを削除することが可能です。
1. DocAve製品で実行するジョブに関するデータ
2. DocAveジョブの詳細を記録しているログファイル
3. DocAveジョブの実行時に生成された一時的なファイル
 
1. DocAve製品で実行するジョブに関するデータ
ファイルパス:・・・\Program Files\AvePoint\DocAve6\Agent\jobs
保管されているデータ:ジョブの関連情報、および、一時的なジョブレポート情報を保管
データの生成タイミング: ジョブ実行時
データの削除タイミング:自動的に削除しません。
削除方法:ジョブプルーニング
 
2. DocAveジョブの詳細を記録しているログファイル
ファイルパス: ・・・\Program Files\AvePoint\DocAve6\Agent\Logs
保管されているデータ:ジョブの詳細を記録しているログファイルを保管
データの生成タイミング: ジョブ実行時
削除方法:自動的に削除します。
 
3. DocAveジョブ実行時に生成された一時的なファイル
ファイルパス: ・・・\Program Files\AvePoint\DocAve6\Agent\temp
保管されているデータ:ジョブの実行時に生成された一時的なファイルを保管
データの生成タイミング:ジョブ実行時
データの削除タイミング:自動的に削除しません。
削除方法:手動で削除します。
 
一時的な回避も大事ですが、「プルーニング」も日常的に運用に組み込むのが理想ですので、ぜひご利用ください。
最後までご覧いただきましてありがとうございます。本ブログの内容が、皆様のお役に立てれば、何よりです。

それでは、次回の投稿も楽しみにしててくださいね~

投稿日: 2015年3月5日