AvePoint_A icon

Office 365 ユーザー パスワード変更後、AvePoint Online Services 側ですべきこと

By: 劉超

皆さん、こんにちは。AvePoint Japan サポート チームの劉 (りゅう) です。

弊社 AvePoint Online Services 製品をご利用いただきありがとうございます。AvePoint Online Services では、Office 365 データを管理するため、複数の箇所で Office 365 ユーザーを利用させていただいております。また、Office 365 製品側では、ユーザー パスワードは様々な業務需要により変更されることも多いのではないでしょうか。

本文では、Office 365 側でユーザー パスワードを変更後、AvePoint Online Services 側ですべきことをご説明いたします。

1. Office 365 サービス アカウントについて

Office 365 サービス アカウントは 1 件の Office 365 ユーザー情報を含み、主に 動的オブジェクト登録 機能で利用されています。

動的オブジェクト登録 機能は、動的オブジェクト登録 > スキャン プロファイル で設定されたサービス アカウント プロファイルを利用し、Office 365 側のサイト コレクション、OneDrive for Business、Office 365 グループなど各タイプのオブジェクトをスキャンし、ルールに一致するオブジェクトを AvePoint Online Services 側コンテナーに登録します。この作業により、AvePoint Online Services コンテナー内で AvePoint Online Services 各製品の Office 365 データの管理が実現できます。

このように、Office 365 サービス アカウント は Office 365 オブジェクトへアクセスでき、弊社製品が Office 365 データを管理する中で欠かせない役割を果たしています。また、Office 365 サービス アカウント の本体は Office 365 ユーザー情報であるため、Office 365 側で当該ユーザーのパスワード変更後、Office 365 サービス アカウント にて手動で関連するユーザーのパスワードを変更していただく必要があります。

Office 365 サービス アカウント のユーザー パスワードを変更するには、以下の説明を参照してください。

1. AvePoint Online Services 製品にログインします。
2. 左ペインで、管理 > Office 365 サービス アカウント の順に進み、表示された画面のサービス アカウント プロファイルから、対象ユーザーが利用しているアカウント プロファイル左側のチェック ボックスにチェックを入れ、[編集] をクリックします。

3. サービス アカウントの編集画面で、パスワード 欄で対象ユーザーの変更後のパスワードを記入し、[検証テスト] をクリックします。テストに成功しました。 という情報が表示された後、[保存] をクリックします。

以上で、対象 Office 365 ユーザーを利用している Office 365 サービス アカウント の更新が完了となります。この作業を実施しないと、弊社 AvePoint Online Services 各製品のデータ取得、ジョブ実行が失敗し、データ管理に影響が出る可能性がありますので、ご注意下さい。

2. サービス アカウント プールについて

弊社 Cloud Backup 製品及び DocAve Online 製品のセキュリティ検索などをご利用いただく場合、Office 365 ユーザーで Office 365 データを頻繁にアクセスすることになります。その際、同一のユーザーのアクセス回数がマイクロソフト社の制限値を超えると、スロットリングやブロックが発生する可能性があります。これを防ぐため、弊社のサービス アカウント プールをご利用いただいています。サービス アカウント プールで複数のユーザーを設定することにより、Office 365 データへアクセスするリクエストは複数のユーザーに分散され、スロットリングやブロックを防ぐことができます。

上記のように、サービス アカウント プールは複数の Office 365 ユーザーを含んでおり、ユーザー パスワードの変更後、こちらに関しても手動でパスワードを再入力いただくことが必要です。サービス アカウント プールのユーザー パスワード変更手順については、以下の説明を参照してください。

1. AvePoint Online Services 製品にログインします。
2. 左ペインで、管理 > サービス アカウント プール の順に進みます。
3. [SharePoint Online サイト / OneDrive for Business/Office 365 グループ チーム サイト][Project サイト][Exchange パブリック フォルダー] の各タブをクリックします。表示された画面で Office 365 グループ名を記入し、グループのユーザーを読み込み、対象 Office 365 ユーザーのパスワードを変更して保存します。

以上が、Office 365ユーザー パスワードの変更後、AvePoint Online Services 製品側ですべき作業となります。利用されている Office 365 データがより効率的に管理されるように、パスワードの即時更新にご注意ください。

この記事に関してご不明点などございましたら、弊社サポート窓口へお問い合わせください。

投稿日: 2018年11月6日