Tag Archives: コンプライアンス



【海外導入事例】 AvePoint、オーストラリアの大学の安全な Office 365 利活用をサポート!

By: AvePoint

本シリーズでは、AvePoint の世界の顧客にスポットを当て、Office 365、SharePoint データの移行・運用管理・保護に取り組んでいる海外の導入事例をご紹介します。今回は、豪州の大学である University of the Sunshine Coast (USC) により、 Office 365 の運用管理に採用いただいた経緯をご紹介します。



【海外導入事例】クラウド上データのコンプライアンス対応と記録管理、Office 365 Groups 管理まで丸ごと AvePoint ソリューションで! 国営企業導入事例のご紹介

By: AvePoint

本シリーズでは、AvePoint の世界の顧客にスポットを当て、Office 365、SharePoint データの移行・運用管理・保護に取り組んでいる海外の導入事例をご紹介します。



【セミナー ブログ】GDPR 対策のために今すぐ着手したい 5 つのアクション

By: AvePoint

8 月 23 日に AvePoint Japan オフィスで開催されたセミナー 『GDPR 対策最新事情: グローバル エキスパートから学ぶベスト プラクティス』 の内容の一部としてお話した、効果的な GDPR (EU 一般データ保護規則) 対策のために今すぐ開始したい 5 つののアクションについてご紹介します。



【雑誌掲載】 週刊ダイヤモンドに掲載されました!

By: AvePoint

2017 年 8 月 12 日号 (8 月 7 日発売) の週刊ダイヤモンド誌に、AvePoint Japan 代表取締役の塩光献インタビュー記事を掲載していただきました!



SharePoint ユーザー企業は、GDPR 対策をいかに進めるべきか

By: AvePoint

いよいよ施行まで 300 日を切った GDPR (EU 一般データ保護規則)。日本に拠点を置く企業も対象となる場合があるため、十分な対策と準備が必要となります。今回の記事では、社内情報共有基盤を持つ企業が理解しておきたい要点について記述します。



【セミナー開催】 GDPR 対策最新事情: グローバル エキスパートから学ぶベスト プラクティス

By: AvePoint

いよいよ発効まで 300 日となった GDPR (EU 一般データ保護規則) 、御社の準備は万全ですか? 来る 8 月 23 日の AvePoint 月例セミナーでは、豪州を拠点に活躍する AvePoint のコンプライアンス エキスパートが緊急来日し、世界の企業はどのように対策を進めているか、注意すべきポイントは何かについてお話させていただきます。是非ご来聴ください。



【海外導入事例】記録作成・保管の手間いらず! DocAve Online の活用で監査対応の時間・関連タスクを削減した事例 2 件のご紹介

By: AvePoint

本シリーズでは、AvePoint の世界の顧客にスポットを当て、Office 365、SharePoint データの移行・運用管理・保護に取り組んでいる海外の導入事例をご紹介します。
今回は、「監査レポート作成の手間」 というお悩みを抱えていた 2 つの組織が、DocAve Online のレポート作成機能を活用し、監査対応にかける時間と手間を大幅に削減することに実現した事例をご紹介いたします。



#GDPR ベンチマーク レポート: GDPR で、あなたの会社はどうなる? どう準備する?

By: AvePoint

2018 年に発効する EU 一般データ保護規則 (GDPR) では、データの適切な取り扱いに関し、厳しい要求・違反時の罰則が企業に要求されます。場合によっては日本企業も対象となる可能性があるため、対策を取る必要があります。AvePoint がシンクタンクと共同で実施した調査の結果から、現在の企業の対策レベルをご覧ください。



「適切な通知」、「オプトイン」、「目的の限定」: GDPR (EU 一般データ保護規則) 対策のために考えるべきポイント

By: AvePoint

欧州連合によって制定された 「EU一般データ保護規則」(General Data Protection Regulation: GDPR) の 2018 年の施行を控え、個人データの収集・処理を実行する事業者が情報処理の観点から注意すべき事項 「適切な通知」、「オプトイン」、「目的の限定」 についてまとめました。



IoT 時代とプライバシー保護の行方

By: AvePoint

IoT デバイスは、ユーザーがその事実に気付いているか否か、合意を与えたかどうかに関わりなく、ユーザーの個人情報を常に収集しています。しかし、情報が収集されるとき、誰がどのような情報をコントロールしているか、本当に理解していますか?