「AvePoint」タグアーカイブ: ガバナンス

アバター

機能追加前に知りたい! 解説・Microsoft Teams プライベート チャネル

2019年7月30日
By: AvePoint

ユーザー フィードバックで 「最も要望の高い機能」 の位置にあり、ロードマップ上にも名前が見えながら、なかなか全容がわからない Microsoft Teams プライベート チャネル。今回の記事では、機能追加に先立って知っておきたい情報をまとめてみました。

アバター

Microsoft Teams ゲストアクセス管理のお悩みに救いの手!: AvePoint Cloud Governance 新機能のご紹介

2019年4月3日
By: AvePoint

「Microsoft Teams ゲスト アクセス機能を使ってみたいけど、セキュリティや運用管理が心配で踏み切れない」というお悩み、ありませんか? 今回の記事では、ポリシーを構成してチームごとにゲスト アクセス機能を管理できる、AvePoint Cloud Governance の新機能をご紹介いたします。

アバター

AvePoint/AIIM 共同調査からみる Office 365 (2) ガバナンス・レコード編

2019年3月18日
By: AvePoint

SharePoint のガバナンス機能は、どの程度利用されているのでしょうか? また、ガバナンスの自動化はどのレベルまで普及しているのでしょうか? 今回の記事では、SharePoint のレコード管理の特徴に触れながら、AvePoint と AIIM の Office 365 共同調査の結果をご紹介します。

アバター

Microsoft Teams の 「全社チーム」 使い方解説

2018年12月22日
By: AvePoint

Microsoft Teams の11 月のアップデート新機能で、組織に所属するユーザー全員をメンバーとしたチームが作成可能となりました。今回の記事では、この Microsoft Teams 新機能を解説し、この 「全社チーム」 ではどのようなことができるのか、Yammer 等の他の Office 365 コミュニケーション ツールとの違いは何か、などについて探ってみたいと思います。

アバター

【Microsoft Ignite セッションまとめ】どうする? どうやる? Microsoft Teams のオペレーション ガバナンス

2018年10月12日
By: AvePoint

Microsoft の年次カンファレンス・Microsoft Ignite (#MsIgnite) で実施されたセッション 「どうする? どうやる? Microsoft Teams のオペレーション ガバナンス」(How to ensure operational governance for Microsoft Teams ) の内容を、日本語でお伝えします。

アバター

SharePoint 権限管理: [継承] と [グループ] で実現する、効果的な情報保護とガバナンス

2016年11月21日
By: AvePoint

SharePoint の権限がどのように機能するのかを理解することは、SharePoint 環境の安全性確保プラン作成上、きわめて重要です。この記事では、SharePoint / SharePoint Online の権限管理がどのように機能するか、注意すべき点は何かについて解説します。

アバター

メタデータが社内の使途不明情報の山を資産に変える

2016年3月1日
By: AvePoint

情報流出のリスクを抑制し、データに対する適切なレベルの保護を実行するには何が必要でしょうか?組織が保持しているデータを区分し、どのようなデータを誰から守るべきかについて、論理的な境界線を引くことが重要です。

アバター

DocAve 6 SP5 新機能レビュー:第5回 SharePoint 内部脅威対策 ユーザによるSharePoint コンテンツへの「不審な行動」を制御する

2015年3月31日
By: 太田

世間を揺るがす情報流出事故の多くは従業員によるデータ誤用や故意の持ち出しによって起きています。組織の情報資産を守るには外部脅威対策同様に、内部からの脅威にも備えなくてはなりません。SharePoint についても一歩進んだ対策が必要です。

アバター

これって実現できる?AvePoint がお届けする柔軟なカスタム機能

2015年2月26日
By: ミカジリ

実は弊社、お客様固有のニーズを実現するために、弊社の製品・機能を一部カスタマイズして提供することがあります。実際のお客様の事例を挙げて、少しお話したいと思います。今回カスタマイズ機能を追加したのは、当社製品の中でも人気が高い「DocAve 管理センター」、そして、「DocAve ストレージマネージャー」です。