タグ別アーカイブ: SharePoint セキュリティ


Avatar of AvePoint

ランサムウェア攻撃、その時あなたは?: ランサムウェア攻撃の被害を最小限に食い止めるための 5 つの重要なポイント

By: AvePoint

WannaCry や Petya などのランサムウェア攻撃は、企業の活動を停止させてしまうほどの被害を発生させることもあります。この記事では、ランサムウェア攻撃のダメージを最小限に食い止めるための方策をご紹介します


Avatar of AvePoint

ランサムウェア攻撃への備えは、最小単位バックアップで! Office 365 データを守る 3 段階のアクション

By: AvePoint

ランサムウェア攻撃からクラウド上のデータを守るために、組織はどのような対策を講じればよいのでしょうか。最小単位バックアップを活用して OneDrive for Business 内のデータを守る方法について、米国 AvePoint が 2016 年 4 月 11 日に発表した記事の翻訳版をお届けいたします。


Avatar of AvePoint

「適切な通知」、「オプトイン」、「目的の限定」: GDPR (EU 一般データ保護規則) 対策のために考えるべきポイント

By: AvePoint

欧州連合によって制定された 「EU一般データ保護規則」(General Data Protection Regulation: GDPR) の 2018 年の施行を控え、個人データの収集・処理を実行する事業者が情報処理の観点から注意すべき事項 「適切な通知」、「オプトイン」、「目的の限定」 についてまとめました。


Avatar of AvePoint

SharePoint 外部共有: 外部ユーザーとのセキュア & 簡単なコラボレーションのために

By: AvePoint

SharePoint オンプレミスには既定外部共有機能が存在しないため、外部ユーザーとのコラボレーションには困難がつきまといます。AD へのユーザー追加やメールでの共有などのハイリスクな方法を使わず、安全・簡単に共有を実行する AvePoint Perimeter についてご紹介します。


Avatar of AvePoint

SharePoint 権限管理: [継承] と [グループ] で実現する、効果的な情報保護とガバナンス

By: AvePoint

SharePoint の権限がどのように機能するのかを理解することは、SharePoint 環境の安全性確保プラン作成上、きわめて重要です。この記事では、SharePoint / SharePoint Online の権限管理がどのように機能するか、注意すべき点は何かについて解説します。


Avatar of AvePoint

メタデータが社内の使途不明情報の山を資産に変える

By: AvePoint

情報流出のリスクを抑制し、データに対する適切なレベルの保護を実行するには何が必要でしょうか?組織が保持しているデータを区分し、どのようなデータを誰から守るべきかについて、論理的な境界線を引くことが重要です。


Avatar of AvePoint

社員に抜け道を作らせないコンプライアンスのルール作り

By: AvePoint

情報セキュリティ対策を考える時、侵入者を締め出す方法ばかりに注力しがちですが、「犯人」はしばしば既にシステムの中にいる人間であることも多くあります。重要なのは 「内部からの脅威」 に対する備えをすることです。


Avatar of Mark Li

情シス任せにしない! 情報セキュリティ事故防止: インシデント防止に組織全体で取り組むために必要なこと

By: Mark Li

セキュリティ インシデントの対応を IT・コンプライアンス部門など限られた部署だけで処理するのは非効率です。現場の最適な担当者にインシデントの一部を割り当て、各部門とIT部門が連携することで、リスク・コンプライアンス管理を組織全体で取り組むことができます。


Avatar of AvePoint

情報漏えいを防ぐ‼“自動化“でインシデント管理を効率化

By: AvePoint

情報漏えい対策を始めたけど、ポリシー違反の数が多くて IT 管理者などは対応しきれない・・。情報漏えい対策・リスク管理を組織全体で取り組むために考えておきたいポイントと、Compliance Guardian で実行するインシデント管理のユースケースを紹介


Avatar of トニー

弁護士目線での情報セキュリティ対策

By: トニー

先日、情報セキュリティ対策を考えるセミナーを、オリック東京法律事務所の髙取芳宏弁護士とともに都内で開催しました。多くの日本企業が国境を超えて事業を展開する現在、海外拠点での情報流出および人材を通じた国際的な技術流出のリスク、米国など海外で訴訟を起こされるリスクに企業はどう対応すべきなのでしょうか?