Skip to Main Content
AvePoint

GDPR へのカウントダウン

2018 年 5 月 25 日から、EU (欧州) 一般データ保護規則 (GDPR) が発効します。
これまでのプライバシー保護法から適用対象が大きく変化し、
日本に拠点を持つ日本企業も対象となる可能性があります。
何に対する準備をいつまでに完了させておけばよいか、正確に把握できていますか?

GDPR 対策: AvePoint のアプローチ

データの 「見える化」

情報環境に対する完全スキャンとレポートで、
組織が持っているデータの全容を解明し、
ダーク データの解消と生産性アップを同時に実現します。

自動化

機密度の高いデータの適切な場所への格納や適切なタグ付けを、
エンド ユーザーに負担をかけることなく自動実行し、
安全性を確保するとともに、 TCO (総保有コスト) の削減にも貢献します。

情報保護ポリシー強化

組織の情報ポリシー違反となる変更内容を検知・修正/警告する、
データのライフサイクル管理を強化するなどで、
安全な情報環境を確保します。

アカウンタビリティ確保

KPI (重要業務評価指標) や KRI (リスク指標) 等の多彩な
レポート出力で、効果的な情報管理やアカウンタビリティの確保・
監査対応を実現します。

GDPR への備えを万全に!
準備ガイド

ただ漫然と行うだけでは負担になるだけの GDPR 対策。
しかし、考え方と対策アクション次第では、TCO 削減や働き方改革の推進にもつながり、
情報基盤の強化と生産性の向上を同時に実現できる、
またとないビックチャンスとして利用することができる可能性を秘めています。

世界中のお客様に対し、情報基盤の構築から運用管理・データ保護ソリューションまでの全方向的サポートを提供してきた AvePoint は、
培ってきた知見をもとに、GDPR への対策とともに、GDPR をきっかけに考えたい情報管理の考え方を、
「自動化」「分類」 などのキーワードを織り交ぜながらまとめた eBook を作成しました。

「どのような対策が効果的なのか」「2018 年 5 月 25 日を迎える前に何をすべきなのか」 とお悩みの
IT 担当者様・セキュリティやデータ保護の担当者様、経営者様のガイドとしてご活用ください。

特別レポート シリーズ

シリーズ GDPR 対策 vol.1
『データ ディスカバリー 2017』

GDPR は企業・組織に対し、保持している個人情報を適切に管理し、説明責任を果たすことを求めています。そのためには、「どのようなデータを・どこに・どれだけ持っているか」 を見える化し、外部に対する説明責任を果たすことが必要不可欠となります。また、「どこに何があるか、いつでも把握できる情報環境」 は、生産性向上にも大きく貢献します。

このホワイト ペーパーでは、組織の情報環境に対するデータ ディスカバリーを実行することによって得られるメリットや、実行の際のベスト プラクティスについて解説を加えます。

特別レポート シリーズ

シリーズ GDPR 対策 vol.2
『GDPR/ 個人情報保護 重要 IT キーワードの基礎知識』

EU 一般データ保護規則 (GDPR) をはじめとする重要情報保護には、プライバシー・バイ・デザインやデータ保護データ マッピング、データ主体からのデータ開示要求対応など、様々な角度・視点からの対策が必要となります。

しかし、「特有の理念が理解しづらい」「分かったようで実は理解できていない概念や用語が多く、対策がさらに困難になる」 とのお声もまた、よく耳にします。

そこで AvePoint では、GDPR はもとより、個人・重要情報保護という問題に IT の側面から取り組む上で重要となるキーワードのうち、特にご要望の多かった用語を選択し、「用語集」 の形式でまとめました。

AvePoint がグローバル レベルで培った経験に基づいて考案した有効な対策のご提案や、2018 年 3 月に公開された GDPR 準備状態調査の結果も盛り込んでおります。刻々と変化する情勢を理解するための一助となれば幸いです。

特別レポート シリーズ

シリーズ GDPR 対策 vol.3
『GDPR 対策、これだけは! 準備ガイド』Coming Soon

GDPR の対策は、小手先の準備で何とかできるレベルのものではありません。組織がデータを扱う際の考え方そのものから見直すことから始める必要があります。

本ホワイトペーパーでは、DCAP (データ中心の情報保護) の考え方を根底に据え、GDPR やプライバシー関連のコンプライアンス対策を、生産性アップや TCO の削減、さらには働き方改革と結び付けてどのように実行していくかを、AvePoint が培ってきた経験とベスト プラクティスから解説します。

無料ダウンロード
申し込みフォーム

Microsoft ソリューションの確かな実績

Microsoft Partner of the Year 2017 winner
Microsoft Partner of the Year 2016 winner
Micrsoft Partner of the Year 2015 winner
Micrsoft Partner 2014 Partner of the Year winner