AvePoint Japan、クラウド事業の拡大を宣言 Office 365 向けなど 2015年度の国内クラウド事業規模を倍増 ~ クラウド ネイティブ時代にふさわしいソリューションを展開 ~

次世代ソーシャル コラボレーション プラットフォームを対象に、エンタープライズ クラスのビッグデータ管理、ガバナンス、コンプライアンス実現のためのソフトウェア ソリューションを提供する AvePoint (本社: 米国ニュージャージー州ジャージーシティ) の日本法人 AvePoint Japan 株式会社 (本社: 東京都港区高輪、代表取締役: 塩光献) は、日本マイクロソフト社が日本データセンターからの Office 365 の国内向け提供を開始したことにより、日本での利用企業・組織の増加が見込まれることを受けて、クラウド ソリューションの拡販を更に強化していくことを 2015 年度の計画として発表しました。具体的には、Office 365 の運用管理を実行できる SaaS 型のクラウドサービス 「AvePoint Online Services (AOS) 」 をはじめとする 2015 年度のクラウド関連の事業規模を倍増させることを目指します。

2015 年には、官公庁や金融機関をはじめ、幅広い業界においてOffice 365 の採用が本格的に進むことが見込まれます。こうしたトレンドを踏まえ、当社はOffice 365の導入企業に対し、一歩先を行く ECM (エンタープライズ・コンテンツ・マネージメント) を実現するためのソリューションを提供します。クラウド旗艦製品である AvePoint Online Services は、金融業界や医療など、厳格な規制をもつ業界のコンプライアンス基準にも対応可能な情報管理、内部統制の強化、自動化による運用管理の効率化、既存ファイルサーバーと SharePoint Online のハイブリッド運用といった要件に応えることのできる製品です。さらにはレガシー システムから SharePoint Online への移行を実行できるソリューションも揃え、企業・組織によるクラウド利用の取り組みを全方向から支援します。

Office 365 関連ソリューションの拡販に際し、AvePoint は、日本マイクロソフト株式会社様との協調を進め、「モバイルファースト、クラウドファースト」 をモットーに、ともにクラウド ネイティブ時代を牽引すべく取り組んでまいります。当社はグローバルにおいてMicrosoft 社との強力なパートナーシップを築いており、2014 年度のMicrosoft Partner of the Year 賞における "Public Safety and National Security" (国家安全保障) 部門で受賞もしています。

AvePoint は、クラウド事業強化の取り組みの第一弾として、2015 年 1 月 15 日より、ファイルサーバー上にあるコンテンツを移行せずに Office 365 - SharePoint Online に統合できるクラウドサービス 「 AvePoint どきゅなび Online 」 の提供を開始しました。

【コメント】

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 Office ビジネス本部 本部長 キャロライン・ゴールズ氏 「日本マイクロソフトはAvePoint Japan株式会社様によるOffice 365 に対応した新しいクラウドサービスの提供開始を心より歓迎いたします。本クラウドサービスを通じて、ファイルサーバーをご利用のお客様が移行の手間なくクラウドを利用開始され、さらには同社の移行ソリューションを通じてクラウドへの本格移行が促進されるものと期待しています」。

AvePoint Japan 株式会社 代表取締役社長 塩光献

「日本においてクラウドが当たり前の選択肢となった今、Office 365 などのクラウド サービスの導入によって、業務効率化やワークスタイル変革を促進する動きはかつてないほどに高まり、当社にも数多くのお問い合わせをいただいております。当社には、全世界で 13,000 社以上の導入実績と、マイクロソフトのテクノロジーに精通した約 700 人以上の開発者を擁するという強みがあります。この特長を最大限に活かすとともに、日本マイクロソフト様とのビジネス連携を深めることによって、クラウド ネイティブ時代にふさわしいエンタープライズ コラボレーションを実現するソリューションを提供し、お客様の要望に応えていきます」。

【クラウド関連の製品・サービスラインナップ】

AvePoint Online Services : Windows Azure 上で 100 % ホストされるSaaS プラットフォームとして提供されます。2013年の発売開始以来、現在、全世界で 200 万人以上のユーザーを管理しています。以下の 3 モジュールから構成されています。当社ウェブサイト にてご登録いただくと30日間無料でご利用いただけます。

DocAve Online : Office 365 の運用管理ツール。最小単位コンテンツ保護、権限管理、テナント間のサイト/コンテンツ移動、利用状況可視化、監査ログの取得などを実行することができます。

Governance Automation Online : メニュー化されたカタログを通じて、ユーザーがサービスをリクエストをすると、自動的にサービスが処理・実行されるソリューション。サービスは、SharePoint Online のサイトコレクション・サイト・リスト・ライブラリの展開、コンテンツの移動およびコピー、権限管理など、組織の運用ポリシーに沿う形での設定が可能になり、ユーザーは必要とするサービスに素早くアクセスすることができます。ユーザーの利便性を高めることに加え、IT 管理者の作業負担を軽減し、環境内で行われるすべてのアクションが組織の定めるIT ガバナンスポリシーに沿ったものであることを保証します。

どきゅなび Online : ファイル サーバー上のファイルを SharePoint Online 上に表示させ、移行の手間なく SharePoint Online 上で管理・操作することができます。SharePoint Online のファイルのアップロード制限を受けることなく、2GB以上の大容量ファイルなどを SharePoint Online 上で扱うことができます。これにより、既存のファイルサーバーを保持しながら、SharePoint Online の利用を促進することができます。


AvePoint Online Services

DocAve 移行ソリューション : 既存システム (※) やMicrosoft SharePoint 旧バージョンからSharePoint Online へ、組織内のコンテンツを計画的かつ効率的に移行することができます。移行元のフォルダー内構造や添付情報・文書プロパティ・その他関連メタデータをすべて完全忠実に保持したまま、SharePoint Online 上に統合させることができます。

※Notes/Domino、ファイルサーバー、EMC Documentum、eRoom、パブリック フォルダ、Livelink、Quickrに対応

Dynamics CRM Online ソリューション : Salesforce からDynamics CRM Online へのシンプルな移行を可能にするツールのほか、Dynamics CRM Online の機能拡張ツールや、さらにはモバイル端末とDynamics CRM を連携させ、仕掛かり中の案件を、確度・売上額・時間軸でグラフィカルに表示して売り上げ予測を立てることができるツール、Dynamics上の顧客への提案履歴データをモバイル端末で読み込んで確認することができるツールなどを取り揃え、ユーザーの業務効率の向上を支援します。

会社概要

AvePoint は、Microsoft クラウドのエキスパートです。これまで全世界 15,000 社以上、300 万名以上のクラウド ユーザーに対し、Office 365 / SharePoint データの移行・運用管理・保護を提供しています。AvePoint は、クラウド・オンプレミス・ハイブリッド クラウドすべてをカバーするソリューションを展開し、Microsoft のパートナー・オブ・ザ・イヤーを 2 回受賞しています。世界 6 大陸で事業を展開しており、あらゆる業界の顧客企業・組織向けに、Microsoft クラウドへの移行・IT 管理者の生産性向上・ガバナンスやコンプライアンス強化ソリューションを提供しています。

AvePoint は、 成長著しい米国企業ランキング “Inc. 500/5000” に 6 回ランクインを果たしているほか、テクノロジー分野において北米で急速に成長中の 500 企業をランキング形式で紹介する “Deloitte Technology Fast 500™” にも 5 回選出されています。AvePoint は Microsoft 認定グローバル ISV パートナーであり、ゴールド アプリケーション開発パートナー・ゴールド認定クラウド プラットフォーム パートナー・ゴールド認定 コラボレーション・コンテンツ パートナー・⽶国政府戦略パートナーシップ GSA プロバイダーです。2001 年にニュージャージー州ジャージーシティに本社を設立し、Goldman Sachs 社から出資を受けています。

All product and company names herein may be trademarks of their registered owners.