Skip to Main Content

DOCAVE 展開マネージャー For Microsoft® SharePoint® 展開管理

DOCAVE 展開マネージャー: 自動プランニングと SharePoint 展開

DocAve 展開マネージャー を使用すると、テスト環境から本番環境へ移行する際に人的エラーのリスクを最小限に抑え、コストの増加を防ぐことが可能になります。テスト環境での作業を簡素化するだけでなく、SharePoint アーティファクト、デザイン エレメント、ソリューション、アプリ、WFE 構成などの展開を自動化し、サービス デリバリーを加速します。

DocAve 展開マネージャー を使用することで、一貫した管理の効率化と追加・変更作業の自動化を徹底することができるようになります。

製品カタログを見る

技術概要を読む

スクリーンショット ツアーを見る

DocAve 展開マネージャー を使用されたお客様の声

“DocAve を使えば使いやすい UI を通じてソリューションの展開処理を行うことができるため、わざわざパワーシェル コードを使用する必要がなくなります。DocAve は SharePoint 管理における確実かつ簡単、さらに信頼性の高い道を提供してくれます"

Regie Algoe - DVB 銀行 技術エンジニア

DOCAVE 展開マネージャー の活用事例

BULK COMPARISON AND DEPLOYMENT

一括での比較と展開

単一ユーザーフェイスを通じて両環境の SharePoint オブジェクトを比較、詳細を確認して展開するエレメントを分析することができます。展開タスクの実行はオブジェクト単体でも複数オブジェクトでも可能、即時の処理によりアドホックな展開を実現できます。

PATTERNS CREATION

パターン作成

展開したい SharePoint オブジェクトをすべて選択してパターンを作成します。展開・更新先となるサイトはユーザーが選択することが可能です。パターンは、サイト コレクション全体やサイト、リスト、フォルダー、アイテム、アプリ、サイト・リストの設定、SharePoint Desinger オブジェクト、サイト・リスト列、コンテンツ タイプ、ワークフロー、ユーザー ソリューションなど、様々なオブジェクトから作成することができます。

DocAve 展開マネージャー の主な利点

  • 処理の自動化: SharePoint アイテム・ソリューション・アプリ・Web フロントエンド (WFE) 構成の変更管理を自動化することにより、運用コストの削減と IT 効果の向上を実現します。
  • 完全忠実な展開: ファームを横断して使用できる総合的なシステム伝達で、プレ本番環境と本番環境で SharePoint オブジェクトの整合性が取れていることを確実化します。
  • サービス レベルの改善: SharePoint の導入プロセスを標準化することでサービス レベルを向上し、IT サービス品質や対応力を迅速に強化します。
  • リスクの削減: 手動による変更管理をなくし、サイトおよびサイト コレクションのロールバックを有効にすることにより、展開の遅延・エラーの発生・データの破損などといったリスク障害を回避します。

お客様事例

AvePoint ソフトウェアを使用されているお客様の実体験をご確認ください。