「AvePoint」タグアーカイブ: SharePoint

アバター

【Microsoft Ignite セッションまとめ】SharePoint、OneDrive、Office の Microsoft 365 コンテンツ コラボレーション最新情報

2019年11月8日
By: AvePoint

SharePoint の父と呼ばれる Jeff Teper 氏が Ignite 2019 で行ったセッション「 SharePoint、OneDrive、Office の Microsoft 365 コンテンツ コラボレーション最新情報 」 の内容をまとめ形式でお送りいたします。

アバター

【Microsoft Ignite セッションまとめ】 Skype for Business から Microsoft Teams へ: チェンジ マネージメントの観点で考える、ユーザー サポートのベスト プラクティス

2018年9月28日
By: AvePoint

Microsoft の年次カンファレンス・Microsoft Ignite (#MsIgnite) で実施されたセッション 「Skype for Business から Microsoft Teams へ: チェンジ マネージメントの観点で考える、ユーザー サポートのベスト プラクティス」(Best Practices for supporting user change management for Microsoft Teams including Skype for Business to Teams users) の内容を、日本語でお伝えします。

アバター

Office 365 Groups/SharePoint セキュリティ グループの違いとは?

2018年9月12日
By: AvePoint

Office 365 Groups を活用する企業が増えています。しかし、既存の SharePoint グループとの違いや扱い方に混乱がみられるのも確かです。今回の記事では、このような混乱の根底にしばしばある 「Office 365 Groups と SharePoint セキュリティ グループはどう違うのか」 という疑問にこたえてみたいと思います。

アバター

SharePoint 担当者のための実践ヒント集: 5 つの課題別にみる、AvePoint 製品を使った SharePoint 対処方法 「社内コラボレーションの促進とセキュリティの強化、相反する 2 つのニーズを充たすには」

2015年12月10日
By: 太田

Yammer などの社内 SNS を導入し、社内コラボレーションを促進したい。でも、個人情報の流出などの事故が怖い。こんな葛藤ありませんか?コラボレーションの促進とセキュリティの強化という、相反する重要な2つのニーズの両方を満たす方法があります。

アバター

SharePoint 担当者のための実践ヒント集: 5 つの課題別にみる、AvePoint 製品を使った SharePoint 対処方法 「エンド ユーザー利活用が進まない」 後編

2015年12月3日
By: ふくもり

SharePoint にコンテンツが集まるようになったからといって、安心して手を緩めるのはまだ早いです。利活用促進に向けて、次は、「情報の見つけやすさ」 を高めることが重要です。

アバター

SharePoint 担当者のための実践ヒント集: 5 つの課題別にみる、AvePoint 製品を使った SharePoint 対処方法 「エンド ユーザー利活用が進まない」 前編

2015年12月1日
By: ふくもり

SharePoint を導入したのに、エンド ユーザーは使い慣れたファイル サーバーや Outlook、デスクトップなどにファイルを保管してしまいがち。いつまでたっても情報が散在したままです。どうすれば?

アバター

SharePoint 担当者のための実践ヒント集: 5 つの課題別にみる、AvePoint 製品を使ったSharePoint 対処方法 「SharePoint Online を利用するユーザーにポリシーを浸透させてガバナンスを効かせたい」 後編

2015年11月26日
By: Kris

自動化シナリオの実践例として、ガバナンス ポリシーを織り込んだ、SharePoint Online サイト作成の流れを説明します。

アバター

SharePoint 担当者のための実践ヒント集: 5 つの課題別にみる、AvePoint 製品を使った SharePoint 対処方法 「SharePoint Online を利用するユーザーにポリシーを浸透させてガバナンスを効かせたい」 前編

2015年11月24日
By: Kris

IT 部門が全組織の SharePoint 環境を完全に管理する場合、メリット・デメリットがあります。IT部門に負荷をかけずに、SharePoint Online の使用ポリシーをエンド ユーザーに守ってもらうためにはどうすれば良いのでしょうか?

アバター

SharePoint 担当者のための実践ヒント集: 5 つの課題別にみる、AvePoint 製品を使ったSharePoint 対処方法 「SharePoint で実践、コンテンツのライフサイクル管理」

2015年11月12日
By: カガワ

社内情報共有システムである SharePoint の活用が進むと、コンテンツ データベース (DB) の容量が推奨値の 200GB をあっという間に超過してしまうことも。SharePoint のコンテンツ DB を最適化し、SharePoint のパフォーマンスを向上させ、かつユーザー エクスペリエンスの強化につなげる方法をご紹介いたします。